中国足心道

中国足心道とは、足裏の神経を刺激することで、
体内のさまざまな器官が反応して、
血液やリンパの流れがスムーズになり、
人間が本来持っているという自然治癒力を
高めてくれる民間療法となっています。

足を刺激する点では、
足つぼやリフレクソロジーと同じなのですが、
中国足心道は、
リフレクソロジー同様に足の反射区を刺激するものです。

しかし、
中国足心道と足つぼやリフレクソロジーが
混同されて同じ意味として、
使われている場合もあるようです。

▼リンパマッサージ情報

中国足心道の歴史として、
2000年以上前の中国「黄帝内経(こうていだいけい)」という
中国医学最古の文献に記されていた「観趾法」と
呼ばれている治療法の記述が発見されていて、
現在の中国足心道の原型となっていると
考えられているようです。

後に、1913年、
米国人医師のウィリアム・フィッツジェラルド博士が、
西洋医学の観点から「観趾法」を研究して、
リフレクソロジーを開発したとの説もあるのですか、
真実はよく分っていないようです。

真実は黒歴史の中に・・・

▼出張マッサージ情報

  • 最終更新:2011-03-25 12:30:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード