ホット・ヨガ

ヨガの派生系
一体、何がホットなのか?

答えは空間である。
温度38度、湿度約65%という高温多湿の空間を意図的に製作し、
そこでヨガを行うというマゾ心をくすぐるモノである。

時間にして約60から90分程度。
意識的に有酸素運動を行い、その間に1リットル程の水分を取りながら、ヨガのポーズを行う。
高温多湿の環境下では、筋肉の伸縮が容易となり、通常の温度で行うよりも、より柔軟にアーサナ(ポーズ)をとることが可能になる。
実際、やってみるとマジですごい。

とんでもない量の汗をかくので、必然的に新陳代謝がアップし、
脂肪が大炎上するため、現在、人気を集めている。

このホット・ヨガは1時間の内で約500ml以上の汗をかくといわれる。
始める前のコンディション作りを甘く見ると、脱水症状を引き起こしたりするのでナメてかかると危険だ。

途中で逃げたくなった場合は、
丸太でドアを突き破って出て行くといい。

『1ラウンドじゃねえ、1分だ』でお馴染みの
力石と言う男がやっていた方法なので、まず間違いは無いだろう。

それにしても、なぜボクシングジムの一室に丸太が・・・

  • 最終更新:2010-05-25 11:25:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード