タイ古式マッサージ

その歴史は、西暦よりも長い約2500年とも言われるほどで、タイの伝統的なマッサージ技術である。

手法は指圧整体、矯正、ストレッチと様々なバリエーションがありますが、痛みがなく非常にゆったりしたマッサージ。
全身にあると言われる「セン(中国の経絡に相当するエネルギーライン)」というエネルギーラインを活用し、体だけでなく心のコンディションをも整える。

効果として、関節・筋肉を柔軟にし、血流やリンパの流れを改善、痛みやコリを解消していきます。

その様式は様々な変化をしながらも、現在はタイ政府自体が注力し、国内の国立病院でも治療として活用されている。

なお、一般的なタイのマッサージでは、フルコース施術の場合、2時間あるいはそれ以上続く。
フルコースには、手足指、耳などを引っ張り、指関節をほぐし、背中を踏み、回転する動きなどで被術者の背中を弓なりに曲げることなどを含む。
これをタイ本国で受ける場合は約300タイ・バーツ(約1000円)ほどである。

ちなみにタイと言う国名の正式名称は「ラート・チャ・アーナーチャック・タイ」といい、
タイの言葉で「王の領土・タイ」という意味である。
かっ・・・かっこいい・・・( ゚`A´゚ )

  • 最終更新:2010-07-21 16:22:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード